進撃の巨人のアニメと漫画の違いは4つ|最も異なる場面はエレンとアルミンの会話?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

進撃の巨人のアニメと漫画で違いが4つあったので、詳しく解説していきます。

まめちき

ネタバレありなので注意してくださいね!

きんじ

さっそくみていきましょう。

目次

最終話のアニメでわかった!ミカサとジャンの関係は?

漫画で描かれた男性は後ろ姿のみだったが、シルエットや髪型から「ジャンなのでは?」という説が。

アニメのラストシーンのおかげで、あの男性はジャンだということが濃厚になりました。

詳しく解説します。

ミカサの結婚相手はジャン

漫画のラストのシーン、エレンのお墓参りをしているミカサと男性。

アニメでは、髪の色がはっきりと映されミカサの結婚相手がジャンという説が濃厚に。

まめちき

戦友のジャンがミカサのパートナーならば、エレンも安心ですね!

ミカサの手元に6本のお花

漫画のラストでは、ミカサの左手薬指に指輪ははめられていませんでした。

しかし、アニメでミカサが亡くなったシーンをよく見ると、左手薬指には指輪がはめられています。

アニメによって、ミカサが結婚したことが確実となりました。

ミカサが亡くなったシーンに6本の花が添えられています。これもアニメオリジナルの演出です。

6本の花の花言葉は、「私はあなたに夢中」

これはジャンに向けた言葉なのか、エレンに向けた言葉なのか、ファンの間で意見が割れるところでしょう。

また、104期生の生き残り、アルミン・ジャン・コニー・ライナー・アニ・ヒストリアが一本ずつ添えたのではという説もあります。

進撃の巨人マンガよりアニメの方がよかったシーン!エレンとアルミンの会話

ここがアニメとマンガで最も異なる場面です。

エレンとの戦いの後、エレンとアルミンの会話で漫画では「僕たちのために…殺戮者になってくれてありがとう」とアルミンが言っていました。

この言葉だと「エレンだけに罪がある」と言っている風に取れますよね。

しかし、アニメではエレンの行為を否定しつつ、「これは、僕たちがやったこと」とアルミンもエレンとともに罪を受け入れようとする内容に変更されています。

この変更は作者の 諫山創(いさやまはじめ)先生が 自ら手を加えており アニメこそ作者が伝えたかった本当の気持ちと言えそうです。

マンガでは明かされていなかったイェレナとオニャンコポンの生死

漫画では、この2人の生死が描かれておらず、最後の戦いで命を落としたのでは?という説もありました。

アニメでは、ワンシーンだけ野球道具を運ぶ姿が描かれ生存していたことが確定。

野球道具はジークを連想させますよね。とても素敵なシーンになっています。

漫画ではチビいじり!?アニメでは子どもに飴を配るリヴァイ

極秘でマーレに潜入した際、漫画ではリヴァイが子どもに間違えられてピエロに飴をもらうシーンが描かれています。

マンガでは、リヴァイのチビいじり!?として終わっていました。

しかし最終話のアニメでは、リヴァイが子どもたちに飴を配るシーンが追加されていて、極秘でマーレに潜入した際の出来事が、未来を示唆した描写へと変更されていました。

まめちき

心なしかリヴァイの表情が明るく見えますね!

まとめ

以上、進撃の巨人のアニメと漫画の違いについてでした。

漫画に描かれなかった部分が、アニメに付け加えられたことで次のことがわかりました。

  • ミカサの結婚相手はジャン説は濃厚になった
  • エレンとアルミンの会話が変更された
  • イェレナとオニャンコポンは生きていた
  • チビいじりで終わらなかったリヴァイ
まめちき

やっぱり進撃の巨人は面白すぎて何度でも読み返したくなる漫画です!

Amazonプライムビデオでは、アニメ進撃の巨人が全話配信中!

まだAmazon Prime に登録されたことがない方は、30日間無料で進撃の巨人が観れちゃいます。

Amazon Prime Videoへ

進撃の巨人だけではなく、薬屋のひとりごとや葬送のフリーレンなどの人気のアニメも配信中です。

スポンサーリンク
目次